お通夜

お通夜というのは、亡くなった方の遺族や親族、
あるいは故人と親しくしていた知人や友人が、亡くなった方の冥福を祈るために参列します。

お通夜は、友引でもすることができます。
お葬式は、友引は亡くなった人が友を連れて行く…という意味を連想させるため、
友引の日には、行いません。
またそもそも友引には、火葬場が休みになります。
そのためお葬式は友引にはできない…ということになるのです。

お葬式の日が友引に当たってしまう場合には、お葬式を一日ずらします。
またお通夜も一日ずらします。
亡くなられて1日目は、仮通夜として近親者のみで執り行ないます。

そもそも、親しい人が亡くなったり、知り合いが亡くなったりした場合には、
お通夜にもお葬式に参列するものです。
しかしどうしても都合が悪い場合であれば、お通夜に参列してもかまいません。

香典は、お通夜お葬式、どちらで持参してもかまいません。
お葬式に参列しないのであれば、お通夜の時に持参しましょう。

葬式を安くしたいならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です